スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャボチカバ。

ジャボチカバ、発根。

シャボチカバ1


シャボチカバ2

先輩の2年生苗は、こんな感じ。

なにげなくパッションフルーツの鉢の上において置いたら根付いてしまった。
でもそのお陰で元気。
1年前に播いたもう一鉢は、棚に置いておいたら葉っぱが枯れこんであまり元気な感じがしない。
きっと根が深く伸びるんだろう。もしくは乾燥に弱いのかな?
次に植えるときは深鉢にしてやろうっと。
スポンサーサイト

サラクヤシ。

鶏の唐揚げです。
ウソです。
トゲトゲした鎧のサラ(サラクヤシの実)。

サラ3

↓鎧を脱いだところ。
パリパリと皮を剥くと、2つ割りのジューシーな果実が。
味はパイナップルそっくり。
独特の臭みはあるけど、甘酸っぱくておいしい。
タイフェスティバルでしか、まだ見たことがないなぁ。

サラ4

発芽率はよくて、今年の種もすでにすくすく。
Vの字につながった葉で、すぐわかる。

サラ5

種が動き始めたところ。
白いキャップのような部分が、いきなり飛び出してくる。

サラ1

その姿はまるで爆弾。

サラ2

寒さに弱くて、まだ冬越しに成功してない。
今年こそ、無事に来年につなげたい。

タマリンド。

タマリンドの実を初めて買ったのは、一昨年のタイフェスティバルだと思う。
それまでペーストしか見たことがなかったのだけど、中華食材のお店でも時期になると売っていることがわかった。

タマリンド1

でっかいマメのさやは、きゅうりサイズ。
固いさやを割ると、種と種を包む血管か神経のような繊維。
繊維は外して、ちょっとベタベタした種の周りの部分を食べる。
味はレーズンに近くて、甘い。
ただ最初は、繊維に包まれた姿のオドロオドロしさに、ちょっとひくけど。(笑)

タマリンド2

↑昼。                     ↓夜。

タマリンド3

マメ科なので、葉を閉じて眠る。
毎日開いて閉じて。
なんともかわいい。

タマリンド4

植え替えてないので、高さはあまり変わってないけど葉っぱも増えて順調。
後は冬越しがうまくいけば!

ツリートマト

去年の秋に播いた、タマリロ。
新芽の部分をナメクジにやられ、すべての苗が棒のようになったのに、見事復活!

タマリロ1

発芽率はよかった。(種はピーマンや唐辛子そっくり。)
ナメクジがすきらしく食べられたりはしたけど、それでダメになることはなかった。
温度が低かったり、植替えの時に調子を崩して少し減ってしまったけど、元気に育ってほしい。

カレーリーフ

一昨年の6月には花をつけた、カレーリーフ。
その名のとおり、カレーの香りがするらしいがそれほどスパイシーな香りがしない気がする。
別名、南洋サンショウ。

カレーリーフ1

白い星型の花がかわいい。
山椒というより、枝の形は南天みたい。

乾燥には強いと思う。
何度か傘のようにぐったりさせてしまったけど、特に問題はなかった。

カレーリーフ2

実が出来てきて、わくわく。
やがて実は赤くなり、すぐに黒くなって…。

カレーリーフ3

…なんというか…くさかった。
リーフを食用に使うというのは耳にするけど、実は食用ではないのかな?
かわいかっただけに、なんだか残念な気分。

カレーリーフ4

それでも種は播いてみたり。
そちらも発芽し、すぐに親と同じような形に。

カニステル。

沖縄から送っていただいた、カニステル。
『果物らしくない、お菓子のような味』というのが気になった。
グレープフルーツ大で大きくずっしりとしている。

カニステル1

部屋の暖かいところで追熟してみる。
温度が低い日が続いたのでしばらく動きがなかったが、暑い日いきなりヒビが!
午前中には一箇所だったヒビも夕方には全体に回っていた。
さっそく冷やして、食べてみる。

カニステル2

二つに切って、スプーンで。
固そうに見えた皮は薄くやわらかい。
水分がないので、フルーツというよりカボチャか栗か、そんな感じ。

カニステル3

味もカボチャに近いかな…甘味も自然で嫌いじゃない。
でもモフモフしてるので、絶対水分が必要かも。
ヨーグルトと一緒に食べてみたけど、その方が食べやすかった気もする。

カニステル4

中央にどーんと大きな種。
横に伸ばした栗のような形。

カニステル5

こちらは数年前に種をいただいて、播いたもの。
種はまだ足元についたまま。

タイ産。

ずいぶん間が開いてしまった。
とりあえず思い出せるものから、すこしづつ記録。

マカダミアナッツ1

↑5月にもらった、マカダミアナッツ。
胡桃のように果肉に包まれている。
温度がまだ低かったので、2ヶ月はこのまま放置。


マカダミアナッツ2

ようやく温度が上がってきた7月。
おそるおそる緑の果肉の部分を剥いて水にしばらくつけてから、ピートモスの種床へ。
ようやく根と芽が出てきたのは8月。

マカダミアナッツ3

裏側はこんな感じ。
この後、種が少し見えるぐらい埋めて植え付けた。
2日後には芽もピンと立って、種の割れ目が何故か緑色に。
あのナミナミとした本葉になるのが待ち遠しい。
プロフィール

めしめし&ぺち

Author:めしめし&ぺち

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。