スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アセロラ。

最近、苗も多く出回り始めたアセロラ。
8月にうちにやってきた苗も百日紅のようなピンクの花をつけた。

アセロラ5

苗は2本、別の種類を買ったのだけど、自家受粉だったのか?
近くには置いてみたけど、その効果が分からない。

アセロラ4

↑このぐらいだと、まだ酸っぱい。
もっと紅色ぐらいに完熟すると甘酸っぱくなるのだけど、虫に食われたり、落ちたり、台風に飛ばされたり。
熟すのも早いので気が抜けない。

アセロラ1

種は1つの実に3つぐらい。
水にしばらくつけていたが沈まず、発芽するのか不安になる。
発芽は難しいとも聞いていたので、ダメもとでピートモス入りのビニールに入れてみたところ、発芽!
今回出たのは、やっぱり新鮮だから?
実をおいしく食べようと冷蔵庫で冷やしたりしなかったのが、よかったのかもしれない。

アセロラ2

用心のため、室内へ。(ナメクジや青虫に食べられないように)
ビニール袋をかけたりはずしたりして湿度も調整、過保護に育てる。
発芽後は、種を持ち上げながらすこしづつ成長。


アセロラ3

現在、ようやく双葉に。
これからの厳しい季節を乗り切れ、アセロラ!



スポンサーサイト

ホワイトサポテ

今年は暑い日が少なかったせいか、ホワイトサポテの追熟に時間がかかった。

↓この画像を撮ったのが7月下旬。
ホワイトサポテ4

2ヶ月かかって、ようやく最近黄色になってきた。
さすがに一度は追熟失敗か?と思ったけど、あきらめなくてよかった!
急に涼しくなってきたのでもうダメかとも思ったのだけど、ここ数日でいきなりやわらかくなってきた。
積算温度というやつかも?
しかし、2ヶ月も腐らないのが不思議。

ホワイトサポテ1

中央の大きな種をはずして、トロッとやわらかい果肉を食べる。
柑橘系とは思えないような、きめ細かいしっとりとした甘さ。
うまし!

ホワイトサポテ2

黄色い殻を剥くと、中は茶色い種。
でっかい。

ホワイトサポテ3

茶色い種は思ったよりもはやく芽を出した。


ジャボチカバ兄弟。

ジャボチカバ。
小さな鉢で、さらに土の上に置かないで育てたので、どうも発育不良気味。

ジャボチカバ3

↓前回載っけた画像。
こちらが弟なのだけど、大きな鉢の上に置いたのでもりもり育っている。

シャボチカバ2

ナツメヤシの謎。

ナツメヤシの苗。

大きい方は、『クレオパトラのデーツ』と売られていたもの。
茶色くて大きな種。
小さい方は、赤くて小さな種だった。

食べた実も大きい方は茶色だったし、小さい方は赤かった。

ナツメヤシ1

1年先輩なはずの小さい苗。
この大小の違いは、品種なのか?原産地の場所なのか?育ち方なのか?
そもそも品種って?

ナツメヤシ2

一本だけ、何故かクルクルした葉っぱに。

昼の顔、夜の顔。

タマリンドが夜、寝てしまうことは前にも書いたけど、スターフルーツも夜になると葉を閉じて寝る。
2つとも葉っぱを閉じることは同じだけど、閉じ方は微妙に違う。
 昼↓
              タマリンド                            スターフルーツ
閉じ方(タマリンド、スターフルーツ)
 夜↓    
閉じ方(タマリンド、スターフルーツ)2タマリンドは上に向かって葉を閉じる。              スターフルーツは下に向かって葉を閉じる。

スターフルーツは、先っぽの葉っぱがちゃんと蓋をしてるのがおもしろい。
毎日開いたり閉じたり。
プロフィール

めしめし&ぺち

Author:めしめし&ぺち

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。